インフルエンザと口腔ケア

2018年11月14日

こんにちは、歯科医師の川越です。

少しずつ寒くなってきてますね。

今日はインフルエンザの発症率を10分の1に下げる方法についてお話ししたいとおもいます。

奈良県歯科医師会の調査によると、介護施設で歯科衛生士が高齢者に対し歯磨き、舌磨きを行ったところ通常の施設に比べてインフルエンザの発症率が10分1になることがわかりました。

お口の中の細菌はインフルエンザウイルス粘膜に侵入しやすくするための酵素をだします。

そのため口腔内を清潔にすることによりインフルエンザに感染しにくくなります。

口腔ケアは肺炎予防にもなります。

最近定期的なメンテナンスに来られてない人はぜひいらしてくださいね。

 

その他の記事

  • 現在、同じカテゴリーの記事はありません。

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • 部分矯正
  • デイモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防治療・歯周病
  • 審美治療・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top