入れ歯・インプラント

歯を失ってしまったら、
できるだけ早く治療しましょう

歯を失ったときに機能を回復するための治療を補綴(ほてつ)治療といいます。代表的なのが長い歴史がある「入れ歯治療」で、ほかにとなりの歯を削って支台にして連結した橋のような人工歯を装着する「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込んでその上にセラミック製の被せ物または特殊な入れ歯を装着する「インプラント治療」があります。どの治療にもメリット・デメリットがありますので、患者様に合った治療を選択することが大切です。

池袋の歯医者「目白歯科矯正歯科」では、さまざまな補綴治療に対応しますので、お気軽にご相談ください。こちらでは入れ歯治療とインプラント治療についてご説明します。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は取り外し可能な補綴治療です。多くの患者様に選ばれている治療法ですが、見た目が不自然だったり、外れやすかったり、硬いものが咬みづらいなどのイメージがあるのではないでしょうか? しかしお口にぴったり合っていて、咬み合わせが整った入れ歯は快適に使用できるはずです。当院では、さまざまな種類の入れ歯に対応し、患者様のお口に合った入れ歯を作製します。

入れ歯のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • インプラント治療にくらべて治療費が安い
  • 外科手術が不要
  • 治療期間が比較的短い
  • お手入れがかんたん
  • 慣れるまで違和感がある
  • 素材によっては見た目が不自然
  • 健康な歯に負担をかけることがある
保険診療と自費診療の違い

入れ歯治療は保険診療と自費診療に分けられます。大きな違いは保険診療には作製方法や使用素材に制限がありますが、自費診療はさまざまな種類の素材から選択できることです。

保険診療 自費診療
素材 制限されている さまざまな選択肢がある
固定方法 単純で外れやすい さまざまな固定方法から選べる
装着感 やや劣る 快適につくれる
咬み心地 食事の内容によっては咬みにくいことがある 比較的硬いものでもよく咬める
見た目 やや不自然 天然歯に似た美しい入れ歯をつくることができる
当院の入れ歯メニュー
レジン床義歯

レジン床義歯

保険診療の入れ歯です。部分入れ歯の場合には金属のバネがつきます。費用は一部負担で済むため比較的安価に作製できます。ある程度の厚みがあるので、装着感はあまりよくありません。また食べものの温度が伝わりにくいのもデメリットです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

固定装置に金属のバネを使用しない部分入れ歯です。特殊な樹脂でできていて、柔軟性があるので、歯ぐきにフィットします。固定装置がないので、入れ歯だと気づかれにくいのがメリットです。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯根が残っている場合に磁性キャップを被せ、入れ歯に埋め込んだ小さな磁石との磁力で固定する入れ歯です。着脱が比較的かんたんなうえ、強い力で固定するので、硬いものでも咬めます。固定装置が外から見えないため、見た目が自然です。

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯の床の部分を金属でつくる入れ歯です。丈夫なうえ薄くつくれるので、違和感が少なめです。また食べものの温度が伝わりやすいため、味覚を楽しめます。

入れ歯について よくある質問
Q1.入れ歯にすると目立ちますか?
歯科医療の進歩により、今ではさまざまな目立ちにくい見た目の入れ歯作製が可能です。
Q2.入れ歯治療がインプラント治療よりも優れている点は何ですか?
外科手術が不要で比較的安価に治療できる点です。また、さまざまな素材の選択肢があるうえ、インプラント治療にくらべて治療期間が短めです。

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、失った歯があった部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上に、セラミック製の人工歯を装着したり、特殊な入れ歯を使ったりして、歯の機能を補う治療です。

池袋の歯医者「目白歯科矯正歯科」では、精密な治療計画を立てるために、大学病院でCT撮影をして、その詳細画像を活用した治療計画を立てます。インプラント治療の際には、治療の経験が豊富な歯科医師が担当し、丁寧でかつ精密な治療をご提供します。

抜けた歯を放置するリスク

永久歯は親知らずを除いて28本あります。それぞれの歯は形が異なり、それぞれの役割を果たしながら、全体でバランスを取っています。そのためたった1本の歯を失ってもお口全体の健康に影響を与えてしまうのです。

審美面での影響
  • 歯が抜けていると見た目が悪い
  • 失った歯の部分のあごの骨がやせて、歯ぐきが下がってしまう
  • あごの形が変化してしまう
生活面での影響
  • よく咬めなくなるので食べものを細かく砕けず、胃腸に負担がかかる
  • 息がもれるなど発音が不明瞭になる
  • よく咬まなくなると脳への刺激や血流量が減り、脳の活動が鈍くなりやすい
機能面での影響
  • 失った歯と咬み合っていた歯が伸びてくる
  • 歯がなくなったスペースにまわりの歯が傾いてくる
  • 全体の歯のバランスがくずれ、咬み合わせが悪くなる

インプラント治療では人工歯根を埋め込むので、あごの骨に刺激が伝わり、歯ぐきがやせてしまうのを防ぎます。また歯全体のバランスも保たれるので、お口全体の健康維持につながるのです。

インプラントのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 天然歯と同じような感覚で咬める
  • 見た目がきれいで自然な印象
  • 違和感がほとんどない
  • 食べものの制限がなく好きなものが食べられる
  • 取り外して管理する必要がない
  • あごの骨がやせにくい
  • 咬む刺激が脳に伝わる
  • 外科手術が必要
  • 治療費が比較的高い
  • 持病などがある場合は治療が受けられないことがある
  • 治療期間が比較的長期間かかる
PICKUP~当院では信頼性の高い有名なインプラントメーカーを採用しています~

当院で採用しているインプラントシステムは、世界的に使用されていて信頼性が高い「ノーベルバイオケア」と「アストラテックインプラント」という有名メーカー2社です。

ノーベルバイオケア アストラテックインプラント
世界で高いシェアで採用されているインプラントシステムメーカーです。長い歴史があるうえ、つねに改良を加えて優れたインプラント開発を続けています。 信頼性が高く、安全性にも定評があるインプラントシステムを扱うメーカーです。あごの骨としっかり結合する加工技術やシステムが特徴です。
再生療法

インプラント治療ではあごの骨に人工歯根を埋め込むので、ある程度の骨の量が必要です。足りない場合に、あごの骨を補うのが再生療法です。当院では再生療法にも対応しますので、お気軽にご相談ください。

サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • サイナスリフト

上あごの骨が足りない場合に行う再生療法です。あごの上にある上顎洞(じょうがくどう)という空洞の膜を押し上げ、骨補填材などを埋め込んで骨を増やします。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト

サイナスリフトと同じように上あごの骨が足りないときに行う骨の再生療法です。サイナスリフトはあごの横から骨補填材を注入しますが、ソケットリフトはインプラントを埋入する穴から注入します。人工歯根を埋入するのと同時に行うことがほとんどです。

GBR
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • ソケットリフト

下あごの骨が足りないときの再生療法です。メンブレンという特殊な膜を利用して、骨の高さや厚みを増やす方法です。

インプラントについて よくある質問
Q1.入れ歯とインプラントの違いは何ですか?
入れ歯は取り外し可能な装置です。インプラント治療はあごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に、セラミック製の人工歯や特殊な入れ歯を装着します。
Q2.インプラントが抜けてしまうことはありませんか?
インプラント治療を行ったあとはメンテナンスが欠かせません。口腔ケアを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こしてしまい、悪化するとインプラントが使えなくなってしまいます。
Q3.インプラント埋入の手術は痛くありませんか?
手術の際には麻酔処置をしますので、手術中の痛みはありません。麻酔が切れたときには痛むこともありますが、抜歯したときと同じ程度の痛みですので、ほとんど心配いりません。
Q4.「骨の量が少ない」とインプラント治療を断られたのですが……?
当院ではあごの骨が足りない場合の骨の再生療法に対応します。他院で断られた場合でも当院ではできるかもしれませんので、まずはお気軽にご相談ください。