矯正装置の種類

矯正装置といっても、歯の表側からにつける装置や裏側からつける装置、取り外しの出来るマウスピース型の装置など種類は様々です。
それぞれの装置の特徴を見ていきましょう!

メタルブラケット

メタルブラケット

一般的な矯正装置です。審美的に目立つというデメリットはありますが壊れにくくリーズナブルな費用で治療が可能です。

審美ブラケット

審美ブラケット

一人ひとりの歯の色とマッチする矯正装置で目立たずに治療することができます。当院では審美ブラケットを使用の際には、ホワイトワイヤーを使用してより目立たないようにしています。

審美ブラケットの詳しい説明はこちら

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)

針金を裏側から着ける治療方法になります。表からは見えずに矯正治療ができますが、治療費は他の装置に比べて高額になります。

見えない矯正装置の詳しい説明はこちら

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明で目立たない取り外しのできる矯正装置になります。自分で取り外しができるので普段と同じように歯磨きができ衛生的と言えます。

マウスピース矯正の詳しい説明はこちら

スピード矯正

スピード矯正

摩擦の少ない最新の矯正装置(セルフライゲーションブラケット)や近年日本で認可されたアンカースクリューなどを併用することにより、従来の矯正よりも短期間で終わる矯正治療になります

スピード矯正の詳しい説明はこちら

部分矯正

部分矯正

部分的な凸凹の治療や、一部の歯の喪失により動いてしまった歯を治す治療です。気になる所だけに装置を着けるので大掛かりな治療にならないのでお手軽にできる治療となります。動かす歯の移動量によって着ける装置の数や金額がかわってきますので詳しくはお気軽にご相談ください。

部分矯正の詳しい説明はこちら

インプラント矯正

インプラント矯正

矯正治療専用の小さなネジ(アンカースクリュー)を歯茎に埋入し、そこを固定源に歯を動かす治療方法です。今までの矯正治療では、難しかった歯の動きが可能になり、治療期間を短縮することができ、より確実で精度の高い治療結果が得られるようになりました。

保定装置(リテーナー)

保定装置(リテーナー)

キレイになった歯並びや正しい噛み合わせを安定させ るための装置です。 動かし終わった直後の歯は元の歯並びに戻ろうとするため、歯並びを安定させる保定期間が必要になります。保定期間中は約3ヶ月に1回の通院が必要になりますが、来院時に歯並びと保定装置のチェックや歯のクリーニングを致します。

矯正無料相談はこちらから

  • ページの先頭へ戻る

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • インプラント矯正
  • デーモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防歯科・歯周病
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top