目立たない矯正装置

ワイヤーに工夫した
目立たない矯正装置

矯正治療を受けて歯並びを整えたいと思っても、治療中の装置が目立ってしまうことを考えるとなかなか治療に踏み切れないかもしれません。それは矯正装置というと金属のブラケットを1本1本の歯面に装着し、そこに金属のワイヤーを通す「メタルブラケット」をイメージするからではないでしょうか? 矯正装置の素材を選べば、目立たない矯正治療も可能です。こちらではその中でもさまざまなワイヤーについてご紹介します。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

セラミックブラケット InVu(インビュー)は歯の色に溶け込む自然な色合いの装置です。光の波長を吸収するセラミックを使用しているので一人ひとりの歯の色に同化するパーソナライズドカラーマッチングシステムが備わっている唯一のブラケットです。従来のものよりも小さくなり、より審美性が高くなりました。 当院では、InVuを選択された患者さんには下記でご紹介するホワイトワイヤーを併用することにより、目立たずに表側からの矯正治療を受けていただくことができます。

セラミックブラケット

3Dデジタル矯正システムによるシミュレーション動画

エステティックワイヤー(ホワイトワイヤー)

目立たない矯正治療をご希望の方は、金属製のブラケットではなく、白いブラケットや透明なブラケットを選択されるのではないでしょうか? その際に、ワイヤーが金属だと、やはり少し目立ってしまいます。池袋の歯医者「目白歯科矯正歯科」では、何種類ものホワイトワイヤーをご用意していて、患者様の歯の色に合ったホワイトワイヤーをご選択いただけます。

昔のホワイトワイヤーは、金属のワイヤーを白くコーティングしていましたので、使用中にはがれてしまうことがありました。しかし改良されたエステティックワイヤー(ホワイトワイヤー)はワイヤー自体が白いので安心です。

通常ワイヤーとの比較

【ホワイトワイヤー】 【通常のワイヤー】
【ホワイトワイヤー】 【通常のワイヤー】
歯の色に似ていてほとんど目立ちません ワイヤーが黒く見えて目立ってしまいます

パッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンクリア)

従来のパッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンシステム)は、ブラケットのすべてまたは一部が金属製だったので、目立ってしまうのがデメリットでした。しかしパッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンクリア)は、金属部分をなくした目立たない装置です。スロット部分まで歯の色に似ているセラミック製で、使用原材料の多結晶アルミナ(PCA)は不浸透性なので食品による変色の心配がありません。さらに角が丸く滑らかなデザインなので、装着感にも配慮されています。

パッシブセルフライゲーションブラケット装置
(デイモンクリア)
従来のブラケット
【パッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンクリア)】 従来のブラケット

パッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンシステム)

パッシブセルフライゲーションブラケット装置とは?

デイモンシステムは、特殊なスロットがあるブラケットと弱い形状記憶ワイヤー、健康な歯周組織を損なわない治療手順、それらがすべてがローフォース、ローフリクションのシステムとして機能します。従来の矯正装置はブラケットとワイヤーを結紮線やモジュールで固定しますので強い摩擦力が生じます。しかしパッシブセルフライゲーションブラケット装置には開閉可能なスライド式のふたがついていて、ブラケットとワイヤーの摩擦力を大幅に軽減できます。そのためによりスムーズな歯の移動が可能なのです。また歯を動かす力も弱い力で十分です。

通常装置との比較
【従来のブラケット】 【パッシブセルフライゲーションブラケット装置
(デイモンシステム)】
【従来のブラケット】 【パッシブセルフライゲーションブラケット装置(デイモンシステム)】
ゴム(青い部分)で結んでいるので強い摩擦力が生じます 4つの硬い壁に囲まれているので摩擦力が軽減されワイヤーの滑りがよいのが特徴です

パッシブセルフライゲーションブラケット装置のメリット・デメリット

メリット
  • 歯が動きやすいので治療期間が短め
  • 小さな力で歯が移動するため治療中の痛みが抑えられる
  • 無理な力をかけないので歯や歯周組織への負担が少なめ
  • 汚れがつきやすい細い針金やゴムを使用しないので、歯みがきが比較的かんたん
  • ブラケットのふたの開閉が楽でワイヤーの調整がすばやくできるため、毎回の治療期間(調整時間)が短め
デメリット
  • 装置を目立たなくさせるホワイトワイヤーを使用すると、パッシブセルフライゲーションブラケットの特徴がいかせない
  • 摩擦係数が少ない金属のワイヤーを用いると、ワイヤーの色が目立つ

パッシブセルフライゲーションブラケットの費用シミュレーション

目白歯科矯正歯科でのセルフライゲーションブラケット装置の費用のご案内です。

初診相談料 無料
検査診断料 30,000円
基本施術料(装置代)
  • 唇側矯正装置代
600,000円
審美ブラケット
  • パッシブセルフライゲーションブラケット装置(片顎)
50,000円
  • パッシブセルフライゲーションブラケット装置(全顎)
100,000円
調節料(毎回) 5,000円
観察料(歯を動かし終わったあと、約3か月に1回) 3,000円

※別途消費税がかかります。

そのほかの矯正治療

さらに目立たない矯正治療をしたい方もいらっしゃるかもしれません。ほかにも取り外し可能なマウスピース型矯正(歯科)装置や歯の裏側に装着する裏側矯正装置にも対応しています。お気軽に目白歯科矯正歯科ご相談ください。