部分矯正

部分的に歯並びを整えます

「上の前歯に少しすき間がある」「八重歯を引っ込めたい」「下の歯のでこぼこの歯並びを治したい」などのお悩みはありませんか? このような場合、お口の状態によっては、お口全体の歯並びを矯正するのではなく、部分的な歯科矯正ができるかもしれません。

池袋の歯医者「目白歯科矯正歯科」では部分矯正にも対応しますので、
お気軽にご相談ください。

部分矯正とは

通常の矯正治療は歯列全体を動かして、歯並びや咬み合わせを整えますが、部分矯正(MTM:Minor Tooth Movement)は、全体ではなく気になる部分だけを整える歯科矯正です。通常の矯正治療よりも比較的短期間に、そして比較的安価に矯正治療ができるのがメリットです。歯をきれいに並べることができますが、咬み合わせを整えることは難しい処置です。

部分矯正治療は2~3本から治療できます。そのため2ヶ月~1年くらいの短期間で歯を動かせるのです。部分矯正ができるかどうかは、お口の状態によって異なります。部分矯正で対応できるかどうかは、精密検査の結果をもとに診断しなければ分かりませんので、気になる方はまずはお気軽にご相談ください。

部分矯正のメリットとデメリット

メリット
  • 気になる部分をピンポイントで治療できる
  • 一般的な歯列全体の治療にくらべて治療期間が短め
  • 矯正装置を装着する歯が少ないので治療費を抑えられる
  • 動かす歯が少ないので、痛みも少ない
  • 取り外し可能なマウスピース型矯正(歯科)治療ができる可能性がある
  • セラミックなどの人工歯を使った治療にくらべて歯を削る量が少ない
デメリット
  • 咬み合わせも治したい場合には部分矯正ができない場合がある
  • 歯並びがかなり悪い場合には対応できない
  • 歯と歯の間を削ることがある
  • 歯列全体を整える矯正にくらべて仕上がりが劣る可能性がある

部分矯正での治療ができる方

  • 前歯に気になるすき間がある
  • 前歯や横の歯のちょっとしたでこぼこが気になる
  • 少し出ていて目立つ八重歯を治したい
  • 1~2本だけ咬み合わせが反対
  • 以前矯正をしたが後戻りしてきた
  • インプラントや被せ物の治療のために部分的に歯を動かしたい

部分矯正での治療が難しい方

  • 歯並びが大きくでこぼこしている
  • 動かしたい歯の咬み合わせに問題がある
  • 八重歯が大きく出ている
  • 骨格的に問題がある
  • 部分的な矯正ではなく、全体的な咬み合わせの矯正が必要な場合
  • 部分矯正治療を行うことで咬み合わせが悪くなるかもしれない場合

当院の部分矯正

当院の部分矯正メニュー

表側の目立たないワイヤー矯正

表側の目立たないワイヤー矯正

歯の表面に、歯の色に似ていてあまり目立たない素材のブラケットを装着して、そこに白くて目立ちにくいワイヤーを通して歯並びを整えます。従来の金属のブラケットやワイヤーにくらべて目立ちません。部分矯正の場合は、数本の歯にブラケットをつけるだけですし、また矯正用のアンカースクリュー(矯正用インプラント)を併用すると、ブラケットを装着する歯が1本でも治療可能な場合があります。

裏側に装着する見えないワイヤー矯正

裏側に装着する見えないワイヤー矯正

歯の裏側にブラケットを装着してワイヤーを通す矯正治療システムです。表から見えないので人に気づかれずに気になる歯並びを整えられます。当院では従来の裏側矯正治療で使用するブラケットよりも薄いブラケットを採用しますので、食べづらかったり話しづらかったりする違和感を大幅に軽減できます。

マウスピース型矯正(歯科)治療

マウスピース型矯正(歯科)治療

薄くて透明なプラスチック製の取り外し可能なマウスピースを使って歯並びを整える矯正治療システムです。少しずつ形の異なるマウスピースを一定期間ごとに取り替えながら歯を理想の位置に動かしていきます。当院ではマウスピース型矯正(歯科)装置(インビザライン・薬機法対象外)を採用して、軽度なMTM治療をはじめ、後戻りの処置などにも対応します。

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療

歯科矯正用アンカースクリューをあごの骨や口蓋の骨に埋め込んで固定源にして歯を動かします。固定源があるので、従来の方法では難しかった歯の移動も可能です。また歯に装着するブラケットの本数を減らすこともできます。

すき間が足りない場合

でこぼこに並んでいる歯並びを整えるためのすき間が足りない場合、歯と歯の間を削ってすき間をつくることがあります。これをIPR:Interproximal Reductionといい、歯の表面のエナメル質部分を一層削ります。削る量を0.25mm程度に抑え、エナメル質の厚さの3分の1程度にとどめますので、ほとんど歯を傷めません。

保定について

矯正治療を行う際には、歯並びが整ってすぐに装置を外して放っておくと歯が戻ってしまいます。そのため、部分矯正治療でも通常の矯正治療と同じように保定期間を設けます。保定の方法としては、透明なマウスピース型のリテーナーを使う方法と、歯の裏側に細い針金を直接装着する方法があります。

マウスピース型リテーナー Fix リテーナー
マウスピース型リテーナー Fix リテーナー

部分矯正の費用実例

当院ではさまざまな部分矯正の実績があります。こちらではいくつかの症例と費用をご案内します。

右上前歯の歯並び・表側の装置・6ヶ月で治した場合

右上前歯の歯並び・表側の装置・6ヶ月で治した場

検査代 30,000円
装置代 150,000円 (25,000円×6本分)
調整料 30,000円 (5,000円×6本分)
観察料 21,000円 (3,000円×7回分)
合計 231,000円(税別価格)
前歯4本の歯並び・裏側の装置・4ヶ月で治した場合

前歯4本の歯並び・裏側の装置・4ヶ月で治した場合

検査代 30,000円
装置代 160,000円 (40,000円×4本分)
調整料 32,000円 (8,000円×4本分)
観察料 21,000円 (3,000円×7回分)
合計 243,000円(税別価格)
前歯4本の歯並び・表側の装置・7ヶ月で治した場合

前歯4本の歯並び・表側の装置・7ヶ月で治した場合

検査代 30,000円
装置代 125,000円 (25,000円×5本分)
調整料 35,000円 (5,000円×7回分)
観察料 21,000円 (3,000円×7回分)
合計 211,000円(税別価格)