虫歯は早めの治療が大切です

一般的な虫歯治療では、虫歯菌が感染した部分を削って詰め物・被せ物をするという方法を取ります。しかし、歯を削ると痛みがあるだけでなく、歯には少なからずダメージが蓄積してしまいます。大切な歯の健康を維持するには、できるだけ虫歯にかからないように日頃からケアし、万が一虫歯にかかった場合でも早期治療することが大事なのです。

目白歯科矯正歯科では「ダイアノグデント」という機器を使って、数値でごく初期の虫歯でも発見できるようにしています。ダイアグノデントを使うことで、「目には見えなくても、そこに虫歯が存在している」ということがはっきりわかり、進行段階に合わせた有効な治療が施せるようになるのです。

なぜ虫歯になるのか?

食べものを食べると、歯に食べかすが付着します。そして、その食べかすに含まれる糖分を栄養にして、虫歯菌が酸を作りだします。この酸が歯を徐々に溶かしていき、虫歯へ発展するのです。

よく耳にする「プラーク(歯垢)」というのは、「口腔内で増殖した細菌のかたまり」のこと。このプラークのなかに虫歯菌も棲み着いており、虫歯を発症させます。そのため、虫歯を防ぐにはプラークをしっかり除去しなければなりません。

また、飲食をすると口腔内が酸性になり、歯のカルシウムが溶けやすい状態になります。通常なら、だ液の力によって酸性が中和されて溶けたカルシウムが修復される「再石灰化」が起こりますが、間食が多いと再石灰化が追いつかなくなるため虫歯へと進行しやすくなってしまいます。

  • ページの先頭へ戻る

虫歯の進行段階と治療法

左右にスクールしてご確認ください。

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯にかからないようにするための予防歯科

  • ページの先頭へ戻る

咬み心地の良い入れ歯を

入れ歯は、歯を失った際の一般的な治療として多くの方が利用されています。しかし、使い心地や見た目に問題があるといった、マイナスイメージを持たれている方も多いようです。目白歯科矯正歯科では、患者様の口腔内の状態に合った機能性・審美性に優れた入れ歯をお作りしています。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
  • インプラントと比べて治療費が安い
  • 治療に手術を必要としない
  • 治療期間が比較的短い
  • お手入れが簡単
  • 慣れるまでは違和感がある
  • 素材によっては見た目が良くない
  • 健康な歯に負担がかかることがある

保険と自費の違い

入れ歯治療には、保険が適用されるものとされないものがあります。それぞれの違いは以下の表をご参照ください。

  保険診療 自費診療
人工歯・床など素材の種類 種類が限られている 天然の歯に近い色・負担の少ない
形などが選べ、選択肢も多い
固定方法 単純で外れやすい さまざまな方法があり、
しっかり固定できる
装着感 やや劣る 快適
咬み心地 食事内容によっては咬みにくいことがある 比較的硬いものでもよく咬める
見た目 やや目立つ 審美性に優れ、周囲から入れ歯だ
と気付かれにくい

当院の取扱い入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

レジンという合成樹脂で作られており、もっとも多く普及している入れ歯です。保険が適用されるので安価で製作できますが、厚みがある・食べものの温度が伝わりにくいなどの欠点があります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

固定に金具を一切使わない入れ歯で、柔軟性があり大きく曲げても割れることがありません。また、素材が歯ぐきに似たピンク色をしており、入れ歯であることを周囲に気付かれにくい審美性も併せ持っています。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

磁力で固定するタイプの入れ歯です。強力な磁力が働くのでぴったり固定でき、それでいて複雑な仕掛けがないので脱着も簡単にできます。

金属床義歯

金属床義歯

歯ぐきに接触する部分が金属でできている入れ歯です。薄く作れるため装着時の違和感が少なく、食事の温度が伝わりやすいというメリットがあります。

  • ページの先頭へ戻る

料金表はこちら

一般歯科(虫歯治療・入れ歯)Q&A

歯の検査を受けたときに「シーオー」と言われたのですが、治療は必要ですか?
「C0(シーオー)」とは、歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態のことです。まだ歯に穴はあいていませんので治療の必要はありませんが、歯みがきができていないと歯に穴があいてしまうこともあります。
痛まない状態でも虫歯を見つけることはできますか?
はい、可能です。当院では「ダイアノグデント」という機器を使って、数値でごく初期の虫歯でも発見できるようにしています。ダイアグノデントを使うことで、「目には見えなくても虫歯が存在している」ということがはっきりわかります。
入れ歯にすると目立ってしまいますか?
いいえ、現在では見た目も機能も優れた入れ歯がたくさん登場しています。入れ歯だと気づかれないほど自然なものもありますので、ご安心ください。当院では患者様のご要望に合わせた入れ歯をご提案していますので、お気軽にご相談ください。
入れ歯のインプラントよりも優れている点はどんなことですか?
治療費が安価で済むことや、治療期間が短期間で済むことが挙げられます。また、治療に手術を必要としないこともメリットだと言えるでしょう。
  • ページの先頭へ戻る

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • インプラント矯正
  • デーモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防歯科・歯周病
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top