お子様の歯の健康のために

お子様は大人と違って、自分ではしっかりと口腔内ケアができません。そのため、保護者の方が常にお子様の歯の状態に気を配り、正しいケアをしてあげる必要があります。「乳歯はどうせ抜けてしまうから……」という理由で乳歯の虫歯を軽視する方は少なくありませんが、乳歯の虫歯は永久歯にも影響を与えてしまうもの。虫歯予防に「早すぎる」ということはありません。お子様が幼いうちから歯科医院へ通院させ、病気を予防する習慣を身に付けていただければと思います。

当院では、治療を嫌がるお子様に対して治療を無理強いすることはありません。うまくコミュニケーションを取りながら、じっくりと治療を進めていくので安心してお任せください。

小児歯科の重要性

乳歯

永久歯

子どもの歯は成長スピードが早く、生後6か月前後から乳歯が生え始め、13歳前後で永久歯が生えそろいます。この時期に適切なケアができていないと、歯がきちんと育たず大人になってからも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

例えば、虫歯を放置した状態で食事をすると痛みで食べづらく、十分な栄養を摂取できない可能性があります。また、歯並びや咬み合わせが悪いと、体全体の病気を引き起こしたり、脳の働きを鈍くさせたりすることが明らかにされつつあります。

歯の生え方や体質には個人差があります。まずは信頼できるかかりつけの歯科医院を見つけて、正しいケアの方法を知ることが大切です。当院ではお子様の状態に合わせた診察・指導を行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

  • ページの先頭へ戻る

乳歯には大切な役割があります

「乳歯はどうせ抜けてしまうから、少々虫歯になっても平気」と考えていませんか? 乳歯は以下のような大切な役割を持っており、「途中で抜けてもいい歯」ではありません。お子様の歯が生え始めたときから、その歯を大事に守ってあげましょう。

体の成長をサポートする 食べものをよく咬んで食べることで、必要な栄養をしっかり吸収することができます。また、よく咬む習慣は顎の発育を促すことができるほか、脳の働きも活発にできるといわれています。
正しい発声を促す 乳幼児期の子どもは、周囲から多くの言葉を聞き・覚え、同時に発声をも学んでいます。綺麗で正しい発音を身に付けるためには、歯そのものや歯並びが正常である必要があります。
永久歯を誘導する 乳歯には、次に生えてくる永久歯を誘導する役割があります。もし、生えかわる時期より早く乳歯が抜けてしまうと、永久歯が正しく生えてこない可能性が高くなります。
  • ページの先頭へ戻る

当院の小児歯科処置

シーラント

シーラント

奥歯の溝は歯ブラシでは磨きにくいため、虫歯になりやすい場所です。そこで、溝を歯科用のプラスチックで埋め、食べかすが溜まりにくくなるように処置します。しかし、シーラントは歯の形によっては脱落しやすいという欠点があるので、処置後も定期的にチェックをすることが必要です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯の質を高めて虫歯になりにくくする働きがあるとされており、フッ素を塗布することでお子様の歯でも大人の歯に近い強度になります。ただし、虫歯予防で大事なことは根本的な原因を除去すること。フッ素はあくまでも補助的なものだという認識を持ちましょう。

歯みがき指導(仕上げみがき)

歯みがき指導(仕上げみがき)

子どもには年齢や歯並びに応じた正しい歯みがき方法を習慣化させることが大切です。無理強いをすることなく、スキンシップを取りながら徐々に慣れさせていきます。また、保護者の方に対しても、痛くない仕上げみがきの方法や適切な歯ブラシの選び方などを指導いたします。

食育

食育

食事はただ栄養を取るだけでなく、心身共にさまざまな影響を与える大切なものです。健康な体、歯や顎の正常な発育、正しい生活習慣のためにどんな食事がふさわしいかアドバイスします。

小児矯正

小児矯正

まだ永久歯が生え替わっていない段階で行う矯正治療を「小児矯正」と言います。当院では、特殊な装置によって子どもの成長に合わせて顎を広げ、歯並びを整える「床矯正」を行っています。

お子さまの矯正治療について詳しく知りたい方はこちら

  • ページの先頭へ戻る

料金表はこちら

小児歯科Q&A

乳歯が抜けていないのに、下から永久歯が生えてきました。大丈夫でしょうか?
そのままにしておけば自然に抜けますので、心配ありません。ただし、永久歯がしっかり生えても乳歯が抜けないようなら抜歯が必要になることもありますので、ご相談ください。
シーラントはいつまでも長持ちするのでしょうか?
いいえ、永久に持つものではありません。お子様の成長や歯を噛み合わせることなどで、すり減ったり欠けたりすることがあります。シーラントがはがれてしまった場合は、再度処置することもできますのでご相談ください。
2歳の子どもが歯みがきを嫌がって泣くのですが、無理矢理でも磨いたほうがいいですか?
3歳以前であれば、歯みがき以上に食育が有効です。泣いている子どもの歯は無理にはみがかず、タイミングを見計らってみがいてあげるようにしましょう。
生え替わったばかりの歯は虫歯になりやすいと聞きましたが本当ですか?
はい、本当です。生え替わったばかりの状態は表面がやわらかいため、虫歯になりやすい状態です。フッ素塗布などで予防することをおすすめします。
歯並びが少し気になりますが、成長によって治ることもありますか?
子どもの歯並びの乱れは成長によって改善されることもありますが、成長してもそのままであるほうが一般的です。歯並びが気になったら早めにご相談ください。
  • ページの先頭へ戻る

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • インプラント矯正
  • デーモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防歯科・歯周病
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top