「小児矯正」とは

「小児矯正」とは

まだ永久歯が生え替わっていない状態で行う歯並びの治療を、「小児矯正」といいます。小児矯正では、あごの骨が急成長する思春期性成長期の前後で「第I期矯正治療」と「第II期矯正治療」の二段階に分けて治療を行います。

大人の方の「成人矯正治療」は、歯並びを整えて咬み合わせを正しい状態に治すことを目的としているのに対し、小児矯正では歯並びを治すだけでなく、ある程度あごの成長をコントロールしたり、放っておくと成長に悪い影響を与える咬み合わせを治療したりすることが目的となります。

歯並び・咬み合わせの乱れによる問題

歯並びや咬み合わせが悪いまま放っておくと、以下のようなトラブルが生じる恐れがあります。

  • 歯磨きがしづらく虫歯や歯周病になりやすい
  • 発音やかつ舌が悪くなることがある
  • 歯並びが悪いことがコンプレックスになってしまうことがある
  • しっかり咬めないため、消化が悪くなってしまったり、肥満になったりしやすい
  • 咬み合わせのバランスが悪いため、全身のバランスも悪くなることがある

特に精神面に関しては影響が大きく、歯並びを治すことによって今まで歯並びの乱れを気にして笑わなかったお子さんが笑うようになったという例もあります。歯並びを治して、お子様の心の健康も守ってあげましょう。

治療の対象となる歯並び

左右にスクールしてご確認ください。

乱杭歯 出っ歯 受け口
乱杭歯 出っ歯 受け口
開咬
(前歯がくっつかない咬み合わせ)
極端に深い咬み合わせ 奥歯の咬み合わせや前歯
の中心がずれている場合
開咬(前歯がくっつかない咬み合わせ) 極端に深い咬み合わせ 奥歯の咬み合わせや前歯の中心がずれている場合

小児期に矯正を行うメリット

あごの成長をある程度コントロールできる

たとえば、下あごが小さく出っ歯になっているような場合、下あごの成長を促進させることにより上下のあごのバランスを整えられる可能性があります。また、あごが狭く前歯が並びきらないような場合は、積極的にあごを拡げることにより歯が正常に並ぶすき間を作ることができます。

あごの歪みを改善できる可能性がある

あごが歪んでいるのを放っておいてしまうと、歪んだまま成長をしてしまうことがあります。そのような場合でも、成長に合わせて咬み合わせを改善することにより、あごの歪みを軽減できる可能性があります。

歯を抜く可能性が減る

大人になってから矯正を行うと抜歯が必要な症状でも、小児矯正を行っておくことで、将来的に歯を抜かずに歯並びを治せる確率が高まります。当院では、小児矯正を行った約9割以上のお子さんが歯を抜かずに歯並びを治せています。

虫歯に強くなる

歯並びが悪いと、凸凹になった部分やすき間ができている部分に食べかすが残りやすく、虫歯になりやすくなります。しかし、小児矯正で歯並びを整えると食べかすも残りにくくなり、それと同時に歯磨きもしやすくなって虫歯や歯ぐきの病気になりにくくなります。

成人矯正治療を受けずに済む場合が多い

あごを積極的に拡げることにより、大きな永久歯が生えてきても歯並びが乱れずに歯の交換が行われ、成人矯正をせずに済む可能性が高くなります。ただし、歯とあごの大きさのバランスが極端に悪かったり、生えてきた永久歯の向きや角度が悪かったりした場合は、成人矯正が必要になることもあります。

  • ページの先頭へ戻る

お子様の歯並びを悪くしないために

お子様の歯並びを悪くしないために

不正咬合の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性の場合は遺伝や生まれつきのものですので予防はできませんが、以下のような後天性のものは、その原因を取り除くことによって歯並びの悪化を予防できることがあります。

  • 指しゃぶり、口呼吸、舌で歯を押す、頬づえなどの癖によるもの
  • 虫歯や歯の生え替わりが順調に行われないことが原因によるもの
  • 生活習慣によるもの

不正咬合の原因と予防について、詳しくは矯正専門医にご相談ください。

小児矯正を始める時期

一般的にあごの骨が成長する6歳から14歳までが、小児矯正を開始するのに有効な時期だといわれています。上あごは6~7歳から急速に成長を始めるのです。この時期に上あごの成長を促進させたり上あごを拡大したりする治療を行うと、効果的に歯並びを矯正できます。また、咬み合わせが逆になっている場合、本来のあごの位置より前方で咬む癖がついてしまうことがあり、そのまま放置して下あごの成長期を迎えてしまうと下あご自体が大きくなって、その後の矯正治療が難しくなってしまうこともあります。

乳歯の生え替わる時期やあごの成長期は、お子さん一人ひとり異なります。当院では大人の前歯が生えてきた時点での相談をおすすめしておりますが、ご両親がご覧になって、お子さんの歯並びに少しでも不安なところがありましたら、できるだけ早く矯正専門医に相談することをおすすめいたします。

矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

※料金には別途消費税がかかります。

混合歯列期の矯正治療(1~2年)

混合歯列期の矯正治療(1~2年)

検査の結果、あごの成長のコントロールの必要性や前歯の凸凹が予想される場合に、第I期矯正治療を開始します。この時期に、あごの位置を是正する装置や前歯の凸凹を治すための針金などを用います。永久歯の並ぶすき間を作るためにあごの大きさを拡げたり成長を促進させたりと、この時期にしかできない治療を行います。

永久歯列期の矯正治療(1~2年)

永久歯列期の矯正治療(1~2年)

第II期の矯正治療は、永久歯が生え揃ってから必要がある場合にのみ行う治療です。例としては、側方に生えてきた歯がねじれて生えてきたり、飛び出して生えてきたりした場合。あごの成長量によって出っ歯や受け口の咬み合わせになってしまった場合などに行います。主に針金の装置を用いて治療を進めていきます。

小児矯正で使う装置

左右にスクールしてご確認ください。

バイトプレート リンガルアーチ アライナー マルチブラケット装置
バイトプレート リンガルアーチ アライナー マルチブラケット装置
  • ページの先頭へ戻る

料金表はこちら

小児矯正治療Q&A

矯正中にサッカーや野球などのスポーツはできますか?
通常のスポーツなら基本的に問題ありませんが、激しいスポーツや格闘技などは唇や粘膜などを傷つけることがありますので注意が必要です。当院では、必要に応じてマウスピースなどを使用していただいています。
矯正中に痛みはありますか?
初めて矯正装置をつけた時や調整を開始した直後は、数日ほど違和感や痛みが出ることがあります。ただし、こうした違和感や痛みはすぐにおさまりますので、ご安心ください。
前歯が1本だけ反対なんですが、どんな治療が必要ですか?
お口の状態にもよりますが、夜間に使用する簡単な装置だけで治る場合があります。治療期間も数ヶ月で済むこともありますので、まずはご相談ください。治療期間が短ければ、費用も安くなります。
虫歯は全部治してから矯正治療を始めたほうがいいですか?
痛みがある場合は虫歯治療を優先させますが、まず検査診断を行って治療方針が決定してから虫歯の治療をする場合もあります。お口の状態を診させていただいたうえで判断いたします。
  • ページの先頭へ戻る

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • インプラント矯正
  • デーモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防歯科・歯周病
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top