部分矯正とは

部分矯正MTM(Minor Tooth Movement)は、通常の矯正とは異なり、気になる一部の歯を移動させて並べる治療方法です。患者様のご希望によっては「上の前歯だけのすき間が気になる…」、「下の歯の凸凹だけ治したい…」「八重歯だけ引っ込めたい…」などと思われる方は多いかと思います。しかし全体に矯正の装置をつけて治すには治療期間もかかるし、治療費も高いために矯正の治療をあきらめている、そのように思われている方にお勧めするのが部分矯正治療です。

部分矯正治療は、本格的な全体の矯正治療とは異なり、2~3本からの治療も可能ですし、しかも2か月~1年くらいの短期間で(保定期間は除く)歯を動かすことができますし、治療費もかなり抑えることが可能です。

しかしどのような方にも部分矯正が可能ではありません。歯並びの程度によっては部分矯正ができない場合もありますし、部分矯正では咬み合わせを治せない場合もありますので、まずはお気軽にご相談ください。当院では、部分矯正が可能かどうか、あるいはそのメリットとデメリットをわかりやすく説明し、十分にご理解していただいてから部分矯正を行っております。

このような歯並びでお悩みの方にお勧め

・前歯のすき間が気になる
・前歯や横の歯のちょっとした凸凹が気になる
・八重歯が少しだけ出ている
・1~2本だけかみ合わせが反対に咬んでいる
・以前矯正をしていたが後戻りしてきた
・インプラントやかぶせ物をいれるために部分的に歯を動かしたい

部分矯正が難しい方

・歯並びの凸凹が重度
・動かしたい歯の咬み合わせに問題がある
・八重歯の突出が大きい
・骨格的に問題がある歯並びや咬み合わせ
・部分的な矯正ではなく、全体的な咬み合わせの矯正が必要な場合
・部分矯正治療を行うことで咬み合わせが悪くなることが予想される場合

部分矯正のメリット・デメリット

部分矯正は数歯にしか装置を装着しないため、動かしたい歯の固定源が少なくなってしまい、全体矯正よりも治療が難しくなることもあります。また歯並びによって上記のメリット・デメリットが当てはまるわけではないので、部分矯正に実績のある当院にどうぞお気軽に無料相談にいらしてください。

メリット

・気になる部分をピンポイントで治すことができる
・全体的な治療に比べて治療期間が短くなる(保定期間は除く)
・装置を着ける歯が少ないので治療費を抑えられる
・部分的に装置を着けるので全体的な矯正に比べると痛みが少ない
・取り外しのできるマウスピース矯正でも治せることが多い
・見えない装置、裏側矯正でも治せる場合がある
・審美歯科治療に比べて歯を削る量が少ない

デメリット

・咬み合わせに問題がある場合部分矯正では治せない場合がある
・歯並びが極端に悪い(凸凹の程度が重度、極端な出っ歯 等)とできない場合がある
・歯と歯の間を削る(IPR Interproximal Reduction)場合がある
・全体的な矯正に比べると歯並びや咬み合わせの出来上がりは劣る場合が多い
・部分矯正のデメリットについてご理解得られない場合、治療ができない

部分矯正の装置の種類・方法

表側の目立たないワイヤー矯正

歯の表側に白い目立たないブラケットという装置を気になる部分に装置を着けて治す部分矯正治療になります。ワイヤーも白いワイヤーを使用しているため、従来の金属の矯正装置や金属の針金に比べて目立たずに部分矯正を行うことができます。ブラケットの数も矯正用インプラントを併用することにより1個からの治療が可能になります。何個装置を着けなくてはいけないかは、症例によって異なりますのでお気軽にお尋ねください。
装置の費用に関しては着けるブラケット、矯正用インプラントの本数によって異なります。

裏側の見えないワイヤー矯正

歯の裏側に裏側用のブラケットを気になる部分に着けて治す部分矯正法になります。表側からは見えないため、人から気づかれずに気になる部分だけの歯並びを治すことができます。当院では従来の裏側用ブラケットに比べて装置の厚みが薄く、話しづらかったり食べづらかったりといった違和感を大幅に軽減することができています。
裏側矯正について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

マウスピース矯正(インビザライン)

取り外しのできるマウスピースで歯を動かします。透明の装置なので着けているのがほとんどわかりません。当院では世界中で300万人の患者様が利用している(2015年現在)インビザラインを使用しています。軽度なMTM治療や不正咬合、後戻り等に適応できます。
インビザラインライト、インビザラインi7については片顎の治療も可能となります。
マウスピース矯正について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

インプラント矯正

矯正用インプラント(TAD Temporary Anchorage Device)を歯槽骨や口蓋の骨に埋め込んで、それを固定源にして歯を動かす矯正治療法です。TADを併用することにより、従来の方法では難しかった歯の移動ができるようになりました。また歯に着けるブラケットの本数も少なくてすむために費用も抑えることができます。
インプラント矯正について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

すき間が足りない場合

凸凹を治すのにすき間が足りない場合、歯と歯の間を削ってすき間を作る場合があります。IPR;Interproximal Reductionと呼ばれていて、歯の表面のエナメル質と呼ばれる部分を一層削る処置(当院では最大0.25mm程度)になります。エナメル質の1/3以下の範囲になりますので、歯が悪くなったり虫歯になりやすくなるということはありません。

保定について

部分矯正は短期間で歯並びが治ることがほとんどですが、歯並びが綺麗になって装置を外したあと何もしないで放っておくと全体の矯正と同じように後戻りをしてしまいます。装置を外したあともリテーナーといって綺麗に並んだ歯並びを維持するための装置を約1年から2年ほど使わなければなりません。当院では取り外しのできるタイプの透明なマウスピース型のものか歯の裏側の見えないところに細い針金を直接接着するものを扱っております。

部分矯正の費用について

ブラケットや矯正用インプラントの本数によって装置代の費用は異なってきます。
当院では無料相談の時点でおおよその見積もりを作成いたします。最終的な装置の本数については検査の後に確定いたします。

右上前歯の歯並びを表側の装置で6か月で治した場合

検査代  30,000円
装置代  25,000円×6 150,000円  (6本の表側にブラケットを装着)
調節料  5,000円×6  30,000円
観察料  3,000円×7  21,000円
合計   231,000円(税別)

前歯4本の歯並びを裏側の装置で4か月で治した場合

検査代  30,000円
装置代  40,000円×4 160,000円 (前歯4本の裏側と奥歯2本にブラケットを装着)
調節料  8,000円×4  32,000円
観察料  3,000円×7  21,000円
合計   243,000円(税別)

前歯の4本の歯並びを表側の装置で7か月で治した場合

検査代  30,000円
装置代  25,000円×5 125,000円  (5本の表側にブラケットを装着)
調節料  5,000円×7  35,000円
観察料  3,000円×7  21,000円
合計   211,000円(税別)

  • ページの先頭へ戻る

料金表はこちら

  • ページの先頭へ戻る

目白歯科矯正歯科 矯正治療メニュー

  • 矯正トップ
  • 矯正装置について
  • 小児矯正
  • 目立たない矯正
  • マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • スピード矯正
  • ブライダル矯正
  • インプラント矯正
  • デーモン矯正

歯のお悩みにお答えします

  • 矯正歯科
  • 一般歯科(虫歯治療・入れ歯)
  • 予防歯科・歯周病
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 小児歯科
  • インプラント

top