インビザラインができない症例

インビザラインができない症例とは?

インビザラインができない症例とは?

ネットでインビザラインについて調べてみると、インビザラインはワイヤー矯正に比べると対応できる症例が少ないといった内容が掲載されています。
たしかに数年前まではインビザラインでは対応できない症例はいくつかありました。
しかしインビザラインは世界中の症例をシステムで集めることができるため、本当に日進月歩で発展しており、今やインビザラインで治療できないケースはなくなりつつあるのです。

ただし非常に複雑な症例の場合、インビザライン単体での治療となると少々難しい場合もあります。
それでもなるべく痛くなく、他人に気づかれない矯正治療をご希望されている患者さまには、ワイヤー矯正とインビザラインを併用した治療を当院では行っています。

さらに当院はインビザラインの治療中、追加費用が発生することはありません。
例えインビザラインの途中にワイヤー治療を追加したとしても、75万円という料金は変わらないのです。
※「顎間ゴム」などのオプションも無料です。

他院で症例が複雑だからとインビザラインによる治療を断られたケースや、ネット上でインビザラインは対応できる症例が少ないといわれているのは、インビザラインの進歩を知らないからでしょう。
もはや、インビザラインで治せない症例はないと私は考えています。
矯正認定医として、そして日々進歩しているインビザラインについて日々勉強しているからこそ、お任せていただければ幸いです。