安いマウスピース矯正はおすすめ?安く歯列矯正できる理由や注意点を解説します

安いマウスピース矯正はおすすめ?安く歯列矯正できる理由や注意点を解説します

安いマウスピース矯正はおすすめ?安く歯列矯正できる理由や注意点を解説します

歯列矯正は装置によって100万円以上かかることもあるため、できるだけ費用を安く抑えて治療を受けたいと思うのは自然なことかもしれません。近ごろでは、費用の安さを売りにしたマウスピース矯正も増えはじめ、以前に比べて歯列矯正が身近なものとなりました。

 

しかし、相場と比べてあまりにも安いとサービスに不安を感じたり、きちんと治療の効果を得られるのか心配になったりする方もいるでしょう。歯列矯正は大切な歯を動かす歯科治療のため、安易にはじめてしまうと治療効果を得られないことも少なくありません。

 

そこで今回は、安いマウスピース矯正について解説します。安い矯正治療を受ける注意点も合わせて解説するので、これから矯正治療をはじめようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

安いマウスピース矯正とは

安いマウスピース矯正とは、歯を移動する範囲を部分的1回2万円ほどのお試しからはじめられるブランドもあります。

 

にしたり治療に使うマウスピースを自分で型取りしたり、通院する回数を減らしたりすることで費用を抑えているマウスピース矯正のひとつです。マウスピース矯正はさまざまなメーカーからサービスが提供され、費用を抑えていることを売りのひとつとしているブランドも数多くあります。治療にかかる費用も幅広く、安いものでは一般的な費用の半分以下で治療を受けられることもあるでしょう。

 

通常のマウスピース矯正には、スキャナーで歯型を取り、専用のソフトで治療計画を作成するインビザラインマウスピース型矯正装置 薬機法対象外)があります。定期的に通院して歯科医師による確認を行うため、安心して歯列矯正を進められるでしょう。

 

インビザライン(マウスピース型矯正装置 薬機法対象外)30~120万円ほどで治療を受けられ、部分矯正であれば費用が安くなります。安いマウスピース矯正は10万円からはじめられ、

ただし安いマウスピース矯正は、希望の歯並びになるまで追加費用を支払って治療を続けなくてはなりません。さらに、自分で型取りをするマウスピースのブランドもあるため正確ではないことを考慮すると、通常のマウスピース矯正で治療を受けた方がスムーズに進むこともあるでしょう。費用の安さが先行しがちですが、本当に自分の歯並びに合った治療方法なのか、しっかり見極める必要があります。

 

マウスピース矯正を安く行える理由

安いマウスピース矯正では、通常のマウスピース矯正よりも格安な費用で治療を受けられることがあります。高額な歯列矯正の費用を少しでも抑えたいと考えているものの、あまりにも安いと不安になってしまうこともあるでしょう。費用を抑えられる理由をしっかりと理解しておくことにより、安い費用で最大限の治療効果を得られます。

 

マウスピース矯正を安く抑えている理由として、次のようなものがあげられます。

 

  • 通院回数を少なくしてコスト削減している
  • アフターフォローを削減している
  • 治療範囲を限定している

 

では、ひとつずつ詳しく解説していきます。

 

通院回数を少なくしてコスト削減している

 

一般的な歯列矯正では、数ヶ月に1度のペースで通院して、お口の中を確認しながら治療を進めます。安いマウスピース矯正では、通院する回数を減らしてコストを削減し、負担の少ない費用で歯列矯正を提供しています。患者さんの通院にかかる負担を減らすことは、歯科医師の負担を減らすことにもなり、結果として費用の削減につながっているのです。

安いマウスピース矯正の中には、メールやラインで写真を送り、順調に治療が進んでいるかを判断してくれるサービスもあります。こちらもコストの削減にはなりますが、自分で写真を撮る際に唾が付いたまま撮影をしたり、撮影する角度によっては的確な判断ができないためあまりお勧めできるサービスではありません。

 

また、安いマウスピース矯正の中には、自宅に届く専用キットを使って自分で型取りし、郵送することで矯正用マウスピースを製作するサービスもあります。歯科医院で歯科医師が行う型取りや歯型をスキャンするコストを削減することも、費用を安く抑えることにつながっています。

 

アフターフォローを削減している

一般的な歯列矯正では、最終的な仕上がりの微調整が行われることが多いですが、安いマウスピース矯正では歯科医師によるフォローが削減されていることがあります。思うような仕上がりにならなかった場合は、追加費用を支払うことで継続して治療を受けられるでしょう。

 

また、治療終了後の保定期間に装着するリテーナーは、費用に含まれていないこともあるため注意が必要です。歯を動かしたあとは、元の位置に戻ろうとする「後戻り」という現象が起こります。歯を安定させるために装着するのがリテーナーですが、保定期間にリテーナーを装着しなかった場合は、後戻りして歯列矯正が水の泡となってしまうこともあるでしょう。

 

最終的な仕上がりまでフォローしてくれるのか、保定期間中もアフターフォローしてくれるのか、その際の費用は別途かからないのか、トラブルにならないように最初に確認をしておくようにしましょう

 

治療範囲を限定している

歯列矯正は、奥歯を含む全体の歯並びや噛み合わせを治療する全体矯正(全額矯正)と、前歯など部分的に気になるところだけを治療する部分矯正があります。部分矯正は治療にかかる期間が短いことや通院する回数が少ないことから、費用が安い傾向にあります。

 

安いマウスピース矯正は、この部分矯正に特化してサービスを提供し費用を抑えていることがほとんどです。

部分矯正は軽度の症例に適しているため、全体矯正が適している中度~重度の症例の場合は部分矯正で治療できません。そのため、全体的に治療を受けたいと思っていても、安いマウスピース矯正では対応していないこともあるでしょう。

対応していたとしてもマウスピースの枚数が長くなってしまうため結果的に費用が高くなってしまうことがあります。

 

安いマウスピース矯正の5つ注意点

マウスピース矯正は自分で管理しながら矯正治療を進めていくため、費用の総額にかかわらずいくつかの注意点があります。しかし、さまざまなサポートがカットされている安いマウスピース矯正では、通常のマウスピース矯正以上に気をつけなくてはならないポイントがあります。

 

安いマウスピース矯正では、次の5つのリスクがあることを理解しておきましょう。

 

  • 噛み合わせがズレる可能性がある
  • 治療後の後戻りが起こりやすい
  • 治療費が通常よりも高くなることもある
  • 虫歯などのトラブルに気付きにくい
  • 出っ歯になる可能性がある

 

では、一つひとつ詳しく解説していきます。

 

➀噛み合わせがズレる可能性がある

安いマウスピース矯正では部分矯正のみ対応していることが多く、部分矯正は歯並びの改善に特化した治療です。歯列矯正は歯並びだけでなく噛み合わせも改善させることで、お口が持つ本来の機能を正しく発揮できるようにします。

 

そのため、安いマウスピース矯正で歯並びを改善させたことがきっかけで、全体の噛み合わせがズレてしまう可能性があるのです。また、部分矯正では奥歯を含む噛み合わせの治療は行えません。安いマウスピース矯正を検討している場合は、全体矯正が必要なのかあるいは部分矯正で対応可能なのか確認し、自分に合った方法なのかしっかり見極めてから治療をはじめるようにしましょう。

 

➁治療後の後戻りが起こりやすい

後戻りとは、治療後に動かした歯が元の位置に戻ろうとする現象のことです。通常、歯並びや噛み合わせ改善のため歯を移動する期間が終わると、新しい位置を維持するための保定がはじまります。しかし、安いマウスピース矯正の場合は、保定期間のサポートが行われていないブランドもあるようです。

 

また、噛み合わせをしっかり治さずに治療を終えてしまうと、噛み合わせの悪さが原因で歯並びが後戻りする可能性があります。安いマウスピース矯正では咬み合わせは治せないので、元々の咬み合わせが悪い場合には安いマウスピース矯正では後戻りが起きやすいことを理解して治療を始めないといけないでしょう。

 

歯列矯正は保定期間の過ごし方で治療効果に大きな差がでてしまうため、保定期間のサポートが行われない安いマウスピース矯正では後戻りが起こりやすいのです。後戻りすると、治療を受け直さなくてはならず、これまでの治療が無駄になってしまうこともあります。全体でのマウスピース矯正の場合、後戻り保証が付いていることが多いのですが、安いマウスピース矯正では保定期間のサポートを受けられるかどうか、後戻り保証が付いているか治療を開始する前に確認をしておいた方が良いでしょう。

 

➂治療費が通常より高くなることもある

一般的なマウスピース矯正では、治療期間中にリファイメントと呼ばれるマウスピースの作り直しを行って、軌道修正しながら治療を進めます。安いマウスピース矯正では、リファイメントに対応していないため、シミュレーション通りに歯が動かなかった場合でも、追加料金を支払って治療を続けることになります。そのため、治療の延長を繰り返すことで、総額が他の矯正方法より高くなることも珍しくありません。

 

また、一度歯列矯正で適切でない位置へ移動してしまった歯を改善するには、長期の治療期間が必要になり、治療の難易度も高くなります。定期的に歯科医師の検診を受けられない安いマウスピース矯正のブランドでは、適切に歯が動いているかの判断は自分で行うか、メールやラインでのやり取りになってしまうので、正確な判断が出来ずに治療期間が長引いてしまう可能性があります。

歯科医師の指示を受けずに独断で治療を進めることは、治療費が高くなるだけでなく、お口の健康にも影響を及ぼすことがあるのです。

 

④虫歯などのトラブルに気付きにくい

通院回数を減らしている安いマウスピース矯正は、自分で歯の状態を管理しながら治療を進めるため、虫歯などのトラブルに気付けないことが多くなります。通常の矯正治療では、数ヶ月に1度のペースで通院してお口の中を確認するため、トラブルにも素早く対応することが可能です。一方、安いマウスピース矯正では、一度も通院せずに治療をはじめられるサービスもあるため、注意する必要があります。

 

また、自分で治療を進めていると、治療がうまく進んでいなかったり悪化していたりすることにも気が付けず、歯や歯茎を傷つける恐れもあります。トラブルが発生しても、経過観察をする歯科医師がいなければ、適切な治療も受けられないでしょう。通院する必要がないプランでも、定期的に歯科医院でお口の中を確認してもらうことが大切です。

 

出っ歯になる可能性がある

安いマウスピース矯正は多くの場合、抜歯を伴う治療に対応していません。 抜歯は歯をきれいに並べるためのスペースを作る目的で行われることから、抜歯を行わないとなると他の方法でスペースを作る必要が出てきます。 

 

歯を抜くことなくスペースを確保する方法の1つが、「拡大床」を使用するという方法です。拡大床とは、歯列を頬に向かって拡大することで、歯を並べるスペースを作り出す装置のことです。 

ただし、歯列を側方に拡大するのにも限度があるため、前方にも歯列を拡大しないといけなくなり、その場合には口元がうまく下がらなかったり、歯が前側に傾斜して前突したりし、出っ歯になるリスクがあります。慎重に診断を行わず無理やり顎を拡大した結果、側方の歯の歯肉が退縮したり歯根が露出するリスクも生じてしまいます。 

 

まとめ

安いマウスピース矯正の費用が抑えられている理由や注意点を解説しました。安いマウスピース矯正のすべてがおすすめできないわけではありませんが、安さを重視するあまり、治療が失敗してしまっては意味がありません。安易に安いマウスピース矯正で治療をはじめてしまう前に、メリットや注意点をよく把握してから自分に合った方法で治療を進めるようにしましょう。

 

目白歯科矯正歯科では、治療の計画から経過観察まで、すべてを日本矯正歯科学会の認定医である院長が担当しています。矯正歯科専門で積んできた豊富な実績を元に、一人ひとりに合った矯正方法をご提案しています。マウスピース矯正だけでなく、その他ワイヤー矯正も取り扱っておりますので、矯正治療をはじめようと思っている方はお気軽にご相談ください。

 

監修:山澤 秀彦 (やまさわ ひでひこ) 目白歯科矯正歯科/院長

歯科コラム