マスクが影響で顎関節症に⁉

マスクが影響で顎関節症に⁉

マスクが影響で顎関節症に⁉

こんにちは、助手の櫻井です😊

 

新型コロナウイルスの影響により、顎関節症に悩む人が世界規模で増加しているようです。

感染予防のために、毎日四六時中マスクをしなくてはならないことが関係しているのです。

マスクをすると自分の表情が相手に見えにくいので、表情をつくらなくなります。

会話をする機会も少なくなり、声を出すときもあまりお口を動かしません。

マスクの下のお口やあごには知らないうちに力が入り、緊張状態です。

この状態がじつはあごに負担となっています。

リラックスしているとき、上下新の歯はくっつかず少しすき間が空いているのが理想なのですが、

緊張すると軽く歯が合わさります。

これはTCH(歯列接触癖)といって、あごまわりの筋肉や関節円板に悪影響を及ぼし、顎関節症の一因となります。

実際、顎関節症の人の52%がTCHの習慣をもっていわれます。

また、マスクをしていると息がしづらいですし、マスクで覆われた部分が息で蒸れます。

それを解消するため、無意識のうちにあごを前に突き出してマスクと顔のあいだにすき間をつくることがあります。

こうしたふだんとは違うあごの動きも、あごの筋肉あお傷めて顎関節症につながります。

なので、マスクを外したときにはゆっくり口をゆっくり開けて、こわばった筋肉をリラックスさせてあげましょう。

 

マスクで顎関節症?ーえちごやタウン歯科|山形県東根市の歯医者