甘いもの=虫歯?

甘いもの=虫歯?

こんにちは!歯科衛生士の江戸です!

 

今日は虫歯のお話です^^

 

甘いものはあまり食べないようにしてるし

ちゃんと朝昼晩歯も磨いてるのに

なんで虫歯になるの〜っていう方!

 

おそらくそれは、

飲食物の”摂取の仕方”に問題があるかもしれません(><)

 

飲食後のお口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物に含まれる酸によって歯の成分が溶け出します。(←脱灰)

その後通常は唾液の成分が時間をかけて酸を中和し、溶けた成分を元に戻そうとします。(←再石灰化)

再石灰化はとても時間がかかるため、ひっきりなしに飲食物を摂取すると中和が追いつかなくなり歯を修復する時間がとれません。

 

ということは、

虫歯=甘いものは少し違くて

 

だらだら長い時間をかけて食べていたり

ちょこちょこ間食が多かったり

ちびちびスポーツ飲料や糖分を含むものを飲んだりすることが

虫歯になりやすくしているということです。

 

これからの乾燥する季節

のど飴をよく舐める方も要注意です。

 

量よりも、

“摂取する頻度と時間”

お口の中が酸性に傾いている時間が長いことが大きく影響するんです!

 

 

少しだけ今の食生活を見直すことで、虫歯の少ない口腔環境に変化することができます。

摂取するたびに歯磨きなんて誰もできませんが、こまめにお口をゆすぐだけでもとても良い予防になります!

 

より良い口腔環境を目指して頑張りましょう^^

甘いもの=虫歯?