親知らずについて2

親知らずについて2

基本的には、日常生活に支障がなければ無理をして親知らずを抜歯をする必要はありませんが、以下のような場合には抜歯をした方がいいと考えられます。

1.親知らずの周囲の歯茎が腫れ、特に疲労したときに症状が発症するような場合 一時的に投薬で症状を抑えることは可能ですが、何度も繰り返して腫れたり、痛みが悪化するようならば、抜歯を考える時期だと思います。

2.矯正治療をしたことがある場合 矯正治療後は親知らずがあると、奥から前に生えてくる力がかかり、前歯の歯並びが悪くなるケースがあります。歯の矯正治療を終えた後、親知らずのせいでその矯正が後戻りしてしまう場合もあります。

3.虫歯や歯周病のリスクがある場合 親知らずが生えてきた後、虫歯になっている可能性が高い場合は、抜歯を考慮していただくことがあります。親知らずは一番奥の歯で歯ブラシが届きにくく、丁寧に磨く必要があるため、虫歯や歯周病になるリスクも高くなってしまいます。

受診して頂ければレントゲン写真撮影を行い御説明させて頂きます。親知らずの抜歯を検討されている方がいらっしゃいましたらなんでも御相談下さい☆