JAOOで発表してきました

JAOOで発表してきました

こんにちは、目白歯科矯正歯科院長の山澤秀彦です

 

先日、JAOO(日本アライナー矯正研究会)にて発表を行ってきました。

今回の発表は上あごの歯を2本抜いて、マウスピース型矯正装置(インビザライン)だけで治した症例を発表してきました

今回の発表では、OrthoCommという管理ソフトを使っての発表です。

こちらのOrthoCommに毎回来院された時のお口の中の写真を保存していくことによって、患者様も病院スタッフも

時系列で歯の動きがわかるというものです

こちらのOrthoCommについては、導入した際にまたお知らせいたします。

発表後には、各先生方よりご質問をいただきました。

私がいま行っているインビザラインでの抜歯ケースで工夫していることなどをお話しさせていただきました。

他の発表をされた先生の話も大変興味深く、今後の治療の参考にしたいものが数多くありました。

これからも、このようなセミナーに参加して今後の治療に活かせるように頑張っていきます!

 

 

 

JAOOで発表してきました