歯が悪くなる原因はむし歯と歯周病だけではない⁈

歯が悪くなる原因はむし歯と歯周病だけではない⁈

歯が悪くなる原因はむし歯と歯周病だけではない⁈

こんにちは、助手の櫻井です😊

今回は、歯を悪くしてしまう歯にかかる過剰な力についてお話していこうと思います。

歯が悪くなる原因といえば、むし歯や歯周病ですが、実はそれだけではないんです。

歯に加わる過剰な力が、歯を傷めて壊してしまうってご存知ですか?

歯を傷める過剰な力、これには大きく分けて二種類あります。

ひとつは、歯ぎしりの強い力です。

歯ぎしりは眠っているとき無意識に行うので、起きているときと違って力が歯にかかります。

眠っているあいだのほとんどの間、上下の歯は接触しません。

歯ぎしりは、起きたとしても1時間に5~6回程度で短時間です。

しかし歯ぎしりの力は強大で、そのうえ下あごをギリギリとグラインドさせ歯を揺さぶるため、短時間であっても大きな為害作用があります。

もうひとつが、TCHと呼ばれる「上下の歯を無意識に接触させる癖」です。

歯は、食事をしたり重い物を持つときなどに一時的に噛むとき以外、本来は離れているものなのです。

もし、詰め物や被せ物がよく壊れる、歯が割れたり欠けたりしやすいとお悩みの方は一度ご相談にいらしてください。