MIについて

MIについて

こんにちは、歯科衛生士の浦沢です。

 

虫歯治療において「MI」という言葉があります。

これは、ミニマルインターベンションという言葉の略で、虫歯管理における最小の介入という意味です。

「虫歯の管理において、できるだけ歯を削らないためには、どのようにしたらよいか」が定められています。

 

 

(1)口腔内細菌叢の改善

(2)患者教育

(3)エナメル質および象牙質の非う窩性病変の再石灰化

(4)う窩性病変への最小の外科的介入

(5)不良修復物の修理

 

つまり…

 

歯磨きや歯科でのクリーニングによってお口の中の細菌を減らす、細菌叢を改善する

虫歯予防に関して情報をお伝えし、協力してもらう

虫歯ではない初期の病変(すっぱいもので歯が溶けかけてしまうなど)を回復させる

虫歯治療の時期を正しく見極める(例えば、とても小さい初期虫歯を治療する場合、健康な歯質まで削ってしまうリスクがあります。そのため定期健診で治療の必要性等も検討しています。)

合わなくなった古い修復物を修理する

 

この5項目です。

 

 

現在歯科の治療で使用されているコンポジットレジン(削ってその場で詰める材料)は接着精度が良く、削る必要のある虫歯でも、小さいものであれば最小限の切削量で治療を行えます。

一度虫歯になって穴が開いてしまったら、ご自身の治癒力では塞がらないので、治療を行うことになります。

虫歯になる前に虫歯予防を行うことと、できた虫歯に適切に対応することが大切ですね!

ぜひ定期健診へいらしてください!

MIについて