矯正歯科治療が必要な方の特徴について

矯正歯科治療が必要な方の特徴について

ワイヤー矯正の模型

「矯正歯科治療」とは、歯並びや咬み合わせが悪い状態、いわゆる不正咬合(ふせいこうごう)を治す治療のことです。矯正歯科治療を行うことで、きれいな歯並びになることはもちろんですが、虫歯や歯周病になることも防ぎます。その他にも、食べ物がよく噛めるようになる、発音が明瞭になる、バランスの取れた顔立ちになる等、さまざまなメリットがあります。

 

歯並びや咬み合わせが悪いことで、お口の中では様々なトラブルを引き起こす可能性があります。矯正歯科治療をご検討されている方は、下記のような問題が起こっていないか、ご自身の状態をチェックしてみてください。

 

□食べ物をよく噛むことが出来ない

□普段の歯ブラシが隅々まで届きにくく、虫歯や歯周病になりやすい

□話す時に発音がしにくい

□口元の見た目が気になってしまい笑顔に自信がもてない

□肩こり、頭痛、顎関節症の症状がある

□理想的な入れ歯やブリッジが入れられないと歯医者でいわれたことがある

 

また、不正咬合の種類には主にこのような歯並びの状態がありますので、こちらもご自身で当てはまるものがないかチェックしていただくと良いでしょう。

 

・叢生(そうせい)

…歯がきれいに並ばず、重なり合って生えている状態です。「八重歯」などとも呼ばれています。

・上顎前突(じょうがくぜんとつ)

…上の前歯、または上顎自体が前方に突き出している状態です。「出っ歯」とも呼ばれています。

・下顎前突(かがくぜんとつ)

…下の前歯、または下顎自体が前方に突き出している状態です。「受け口」とも呼ばれています。

・上下顎前突…(じょうげがくぜんとつ)

…上下の前歯、または上下の顎がともに前方に突き出している状態です。

・開咬(かいこう)

…自然に奥歯を噛み合わせても、前歯が噛み合わずにあいてしまっている状態です。

・過蓋咬合(かがいこうごう)

…下の歯列を、上の歯列が深く覆っている状態です。

 

また、このような不正咬合の状態のうち、2つ以上が合わさったものや、骨格的に問題があるものなど、不正咬合のケースは今回ご紹介したもの以外にも様々あります。歯並びや咬み合わせが悪いと、お口の中のトラブルを引き起こす可能性がありますので、このような歯並びの方は矯正歯科治療が必要と言えるでしょう。

 

豊島区 池袋・目白の矯正歯科『目白歯科矯正歯科』では、上記のような幅広い不正咬合の各治療にも豊富な実績があります。

通常のワイヤー矯正(表側矯正)はもちろん、歯の裏側に装着する裏側矯正装置や、マウスピース型歯科矯正装置(インビザライン・薬機法対象外)などの目立たない矯正装置にも対応しており、歯並びの状態や患者様のご希望に応じて最適な矯正装置及び治療方法のご提案を行っています。

 

当院では無料矯正相談も受け付けておりますので、歯並びやお口の中の状態でお悩みの方はもちろん、矯正歯科治療をご検討していて治療について詳しく知りたいことがある方も、まずは当院までお気軽にご相談ください。

 

当院の矯正歯科治療について詳しく知りたい方は「詳細」ボタンより当院ホームページをご覧ください。

https://mejiro.gr.jp/ortho/?utm_source=google&utm_medium=GMB&utm_campaign=39

 

 

#池袋 #矯正歯科 #マウスピース型歯科矯正装置(インビザライン・薬機法対象外) #マウスピース矯正 #表側矯正 #裏側矯正

 

豊島区 池袋・目白の矯正歯科『目白歯科矯正歯科』

〒171-0031 東京都豊島区目白3-4-11ヒューリックビル3F

JR山手線 目白駅(当院まで徒歩1分)

院長ブログ

池袋インビザライン矯正歯科歯列矯正マウスピース矯正歯並び目白